査定をした後に納得できる金額が提示されたらすぐに車買取をしてもらう

査定をした後に納得できる金額が提示されたらすぐに車買取をしてもらう

車を買い取ってもらうときの交渉は長くなりすぎない

車を買い取ってもらうときには、基本的にはどこかの業者にお願いをして、査定をしてもらい、その金額で納得がいけば売るという形になると思います。初心者であれば、少しでも高値が付けば、それでいいと思い売ってしまう人が多いのですが、これが慣れてくると、交渉を長引かせる傾向があるので、良い値段が付いても、業者に逃げられてしまうこともあります。高い値段が付けば、自分にとってはプラスになるのでいいのですが、あまり長引かせないで、程よい交渉を心がけ、お互いに気持ちの良い状態で車買取をしてもらいましょう。

ある程度交渉をした後にいい値段がついたときには売るタイミング

業者の方も、そんなに間単には逃げることはありません。相手も商売ですから、出来るだけ引き取りたいのです。なので、交渉をして高値を狙うのは自然体です。これは、経験談ですが、車を売るときに良い値段が付き、まだ上がると思ってそのままにしていたら、他のお店ではそこまで高い金額を提示してくれませんでした。仕方がないので、元々高値を付けてくれた業者に電話をして、売りたいのでお願いしますと言うと、もともとの査定額から20万円も引かれてしまいました。

 

業者に言わせると、そのときには欲しい人がいたから高かったと言うことでした。これは、本当なのか嘘なのかはわかりませんが、自分がタイミングを見誤ってしまった結果でした。ただ言えることは、納得のいく金額が出てからすぐに売っていれば、こんなに引かれることはなかったと言うことです。車買取をしてもらうときには、タイミングも考えるべきかもしれません。

簡潔に特徴は記すことが査定のポイント

車の一括買取査定は最初にネット上の指定フォームに売りたい車の基本情報を記入して、それを複数の査定会社に一気に見てもらうという形式をとっています。実写を見る前に年式や色、傷や退色などの有無、オプションなどを確認して需要から予測される買取可能価格を教えてくれるサービスです。複数社からその結果がやってくるので、結果が思わしくないところは実物を見てもらう前に断ることができますし、他の会社に買い取られたくないがために通常より高く買い取ってもらえることもあります。
できるだけ高く手放すためには、所定のフォームへどう必要情報を記入するかにかかっています。ただ単に詳細な情報を書き連ねるのではなく、淡々と事実を見やすく書くことで、査定担当も必要な情報を見つけやすくなり、注目される度合いも上がります。特にオプション装備は純正か否かを書くと大きく初期査定額を上下させる要因となりますので、簡潔に明確に書き記しておくべきですね。

ホーム